保育について

園の広場

つぼみぐみ【初めての感触】

 先月は、いろいろな感触遊びを楽しみました。今まで触れたことのない玩具や素材に一瞬で手を離したり、後ずさりする子、感触を楽しむ子など様々な反応が見られました。最初は感触を嫌がっていた子も、保育者が遊びに誘うと触れようと近づいてくる子もいます。子ども達にとって、初めて触れるものには興味津々で刺激的です。そして“触れる”ことは赤ちゃんの脳にとって貴重な学習体験となり、脳の発達や認知の発達を促していきます。最近、少しずつ行動範囲が広がり、目にしたものを自ら手にとるようになってきたので、触れるだけでなく音を聞いたり、匂いをかいだりして五感を使って楽しめる安全な環境をつくっていきたいと思います。

6月の目標

*体調の変化や清潔に気を配り、梅雨期を心地よくすごせるようにする
*梅雨期の自然に触れながら遊び、晴れ間には戸外へでて身体を動かすことを楽しむ

ももぐみ【絵本大好き!】

 絵本が大好きな子ども達。♪おはなし、おはなし~♪と手遊びが始まるとすぐに集まり、今か今かと楽しみにしています。はじめは絵を見て楽しむだけでしたが、少しずつ言葉が出てきて「でておいで~!」や「ぞうさん、いなーい!」など絵本を見ながら話したり、保育者が尋ねると「うん」「うさぎさん!」などのやりとりができるようになったり、少しずつ言葉での反応が増えてきています。『だるまさが』のシリーズが好きで「どて~」「ぶしゅ~」「ぽにん!」と絵本を真似しながら動かす姿がとてもかわいいです。絵本は様々なものを覚えたり、発語につながったりするので、今後もいろいろな内容の絵本を楽しませいきたいと思います。

6月の目標

*梅雨期の衛生面や感染症に気をつけながら、気持ちよく過ごせるようにする
*梅雨の自然や生き物に興味を持ちながら様々な遊びを楽しむ

すみれぐみ【ダンゴムシ見つけたよ!】

 みんな大好き!ダンゴムシ。園庭に出ると早速あちら、こちらの草むらや隅を探して「先生いたいた!」と呼びに来ます。自分で捕まえることができないでいる子の手のひらに乗せてあげると「まるまってる」と言いながら手の中でコロコロ転がしながら目を輝かせて観察していました。ダンゴムシの習性を利用した迷路では、スタートからゴールにたどり着くまで大きな声で「がんばれ~」と応援し、無事にゴールすると大喜び。また、観察したダンゴムシの絵画も楽しみながら行いました。タンポポやクローバーなどの草花にも触れ、春の自然を満喫していました。

6月の目標

*梅雨期を健康・安全に配慮しながら、一人ひとりが快適に生活できるようにする
*梅雨の自然を見たり、触れたりして興味・関心をもつ

たんぽぽぐみ【初めての体育遊び】

 みんなが楽しみにしていた体育遊びが始まりました。体操服にピカピカのシューズを履くと嬉しくて笑顔の子、ちょっぴり不安な表情の子と様々でした。しかし、元気な指導員の挨拶と共に、体を動かしていくうちに少しずつ慣れ、やる気スイッチが入っていました。『アンパンマン』⇒腹ばい、『お山』⇒高這いなど、いろいろな言葉の合図を聞いて体勢を変えたり、「よーいドン!」の合図で全速力で走り「とまれ!」の合図でポーズをとって止まるという静と動の動きに戸惑いながらも、大笑いしながら楽しむ子ども達でした。今後も楽しみながら体をたくさん動かしていきたいと思います。

6月の目標

*一人ひとりの気持ちを受け止めながら、信頼関係を深め、安心して過ごせるようにする
*生活や遊びの中に簡単な決まり(順番・交代など)があることを知る
*梅雨期の生き物や植物に触れ、親しみを持ったり、梅雨ならではの遊びを楽しんだりする

ゆりぐみ【歯磨き上手かな?】

 先日、ご家庭でしていただいたプラークテスターはいかがでしたか?クラス全体の結果は、唇が被る犬歯付近や歯と歯の間に磨き残しが多かったようです。園では現在、自分で食事が終わった子から順番に歯磨き、フッ化物洗口を行っています。洗面所の前にある鏡を見て磨く子もいますが、歯ブラシは手に持ったまま友達とおしゃべりに夢中の子も多いです。機会をとらえながら、歯磨きの大切さを知らせたり、実際に歯の模型など使いながら歯ブラシの当て方や磨き方を確認したりしています。今月は、歯の衛生週間もありますので、ご家庭でも『歯』について話をしたり、親子一緒に歯磨きタイムをつくってみてはいかがですか。

6月の目標

*梅雨期の健康、安全面に気を配りながら、心地よい生活ができるようにする
*生活の仕方がわかり、身支度や片付けなどに自ら取り組む
*梅雨期の身近な自然現象、生き物に興味・関心を持ち、観察したり触れたりして、それらの面白さ、不思議さに気づいていく

さくらぐみ【たけのこの皮むき】

 旬の食材である「たけのこ」の皮むきをしました。たけのこが大きくなったら竹になることを知らせてもらうと「パンダが食べる竹!」と驚いている様子や皮をむくと「茶色いところはふわふわしているけど、白いところはつるつるしてる!?」と発見もあり、とても楽しんでいました。また、「たけのこの皮は何枚あるかな?」と調理の先生に尋ねられると、みんなで数え予想以上に皮があり驚いていました。むいた皮でお面や鉄砲等に見立てて遊ぶことができ、給食では自分たちでむいたたけのこが使われていて「おいしい!」と喜んで食べていました。

6月の目標

*梅雨期の過ごし方を知り、衛生週間をみにつける
*梅雨期の自然現象や生き物に興味・関心を持って関わる
*自分の考えや思いを出し合いながら遊び、友達や異年齢児との繋がりを広げる

つぼみぐみ【お部屋の探索探検】

 入園して1か月がたち、それぞれの発達段階は違いますが、ハイハイや伝い歩きで自分の好きな物や気になる物のところへ行って、手に取って楽しんでいる子ども達。高月齢児は、保育者に「見て見て!」とでも言った顔で楽しい気持ちを知らせてくれたり、身体を揺らしたりご機嫌な様子を見せてくれます。低月齢児も腹這いやバンボに座って、気になるおもちゃを目で追ったり、手を伸ばして一生懸命に手を動かそうとしたりしています。それぞれの子ども達の興味に合わせた玩具で誘いながら、一人歩きやハイハイ、ずり這い等を促していきたいと思います。

5月の目標

*疲れが出やすい時期なので、個々の生活リズムを大切にし、機嫌よく過ごせるようにする
*室内、戸外での探索活動を楽しんだり、保育者と触れあい遊びをしたりして体を動かして遊ぶ

ももぐみ【食べるの大好き】

 もも組の子ども達は、給食時間が大好きです。園生活に慣れずに泣いていた子も、給食の時間になると泣き止んで美味しそうに食べています。また、少しずつスプーンを使っての食事にも取り組んでいて、中にはスプーンを持たせると自分ですくおうとする子も見られます。まだまだ手づかみ食べが多いですが、保育者にスプーンですくってもらったり、手を添えてもらって食べたりしながら、一人ひとりのペースに合わせて進めています。スプーンで口までもっていけた時は褒めながら意欲を高めていきたいです。また、給食時間だけに限らず、ままごと遊び等にもスプーンを取り入れ、操作がスムーズにいくようにしていきたいです。

5月の目標

*保育者に不安や甘えなど受け止めてもらいながら生活リズムを整え、安心して過ごせるようにする
*春の自然物に興味を持ち、見たり触れたりしながら遊びを楽しむ

すみれぐみ【戸外遊び】

 天気がいい日は、園庭に出てたくさん遊びました。遊具で遊ぶだけではなく、追いかけごっこや『オオカミさん、いま何時?』という言葉の掛け合いをしながらの追いかけごっこなどを楽しみました。また、フープを使った色探し遊びでは、まだ自分のグループの色がわからず戸惑う子や『あか』『あお』と言いながら楽しそうに見つけてフープの中に入る子、お友達の後ろをついて行く子と様々でした。今後も戸外で身体を思いっきり使った遊びを楽しみながら、丈夫なからだつくりをしていきたいと思います。

5月の目標

*保育者の援助を受けたり、仕方を知らせてもらいながら、身の回りのことを自分でしようとする
*春の自然を感じながら、保育士や友達と一緒に体をのびのびと動かして遊ぶ

たんぽぽぐみ【自分のことは自分で】

 新しい生活にも慣れ、少しずつ身の回りのことが自分でできるようになってきました。朝や帰り、給食やお昼寝の準備や片付けなど、することはたくさんありますが、一つひとつ流れを覚えて時間はかかりますが自分で行っています。先日から水筒を準備していただき、水筒のお茶も自分で注ぐことに挑戦しています。まだこぼしてしまうこともありますが、保育者と一緒に頑張っています。時々甘えて「できない」と言ってくることもありますが、励ましたり褒めたりしながら関わっています。生活習慣の自立は園と家庭との連携が大切ですので、子ども達のために一緒に取り組んでいきましょう。

5月の目標

*一人一人の欲求を十分に満たし、情緒の安定した生活ができるようにする
*保育者に知らせてもらいながら、身のまわりのことをやってみようとする
*友達や保育者と好きな遊びを見つけて楽しむ

ゆりぐみ【英会話】

 ゆり組になって、月2回楽しい英会話があります。4月の英会話では、まず自分の名前を言ってみましたが、初めての英語や先生に戸惑いがあり小さい声になったり、ぎこちなさや緊張が見られました。しかし、一緒に歌ったり体を動かしていく中で、次第に笑顔がみられるようになり、楽しく笑う姿や先生の発音を真似して言ってみようとするようになってきました。子どもたちにとって、英会話が楽しみになってきているようです。英語に慣れるには、まず聞く力がつかないと正しく発音することはできません。先生の発音をしっかりと聞いて真似することで英会話を楽しめるようにしていきたいです。

5月の目標

*自分でできることに喜びを感じ、身の回りのことをしようとする
*春の自然に興味・関心を持ち、草花・虫などを見たり、触れたりして遊ぶことを楽しむ
*戸外で思い切り体を動かして気の合う友達や保育者と一緒に遊ぶ

さくらぐみ【お兄さん・お姉さんになったよ】

 4月から入園してきた小さいクラスのお友達に興味津々の子ども達。「○○君の弟でしょ」「○○ちゃんの妹可愛いね」等、子ども達の間で小さいクラスの子の話が聞かれます。戸外へ出ると、すぐに駆け寄り一緒に遊んであげたり、遠足ではすみれ組さんと手を繋ぎ、優しくリードしながら歩いたりする姿を見ると、植松保育園のお兄さん・お姉さんとして頑張っているなと嬉しく思います。これからも、年下の子だけではなく、年上、同年齢の友達ともいろいろな経験をしていきながら、譲り合ったり、助け合ったりするなど優しい心や時には我慢することも学んでいってほしいと思います。

5月の目標

*生活の仕方がわかり、身の周りのことを積極的にしようとする
*戸外で自然に触れたり、十分に体を動かして遊ぶことを楽しむ
*友達と一緒に目標に向かって頑張る