園児の広場

つぼみぐみ【動くのたのしいね】

 子ども達は動き回るのが大好きです。テラスでの遊びも開放し、室内とテラスの間になめらかな段差をつくると、ずり這いで昇り降りしたり、お尻から滑り降りしたり、中には頑張って足を上げて越えたりして行き来を楽しんでいます。高月齢児は靴を履いて歩いたり、裸足で芝の感触を楽しんだりもしました。低月齢児は、お座りが安定してきたので周囲を見れることが嬉しくて笑顔が増えてきました。散歩では、ありやダンゴムシを見つけ喜んだり、驚いたりする姿が見られました。いつもと違う場所、開放感、風や日差しの心地よさを感じながら、いろいろな体験を一緒に楽しみながら好奇心の芽生えも育んでいきたいと思います。

6月の目標

*体調の変化や清潔に気を配り、梅雨期を心地よく過ごせるようにする。
*梅雨期の自然に触れながら遊び、晴れ間には戸外に出て身体を動かすことを楽しむ。

ももぐみ【むしさん、遊ぼう!】

 ダンゴムシやありを保育者の手のひらにのせて見せると、何だろうと恐る恐る手を出す子、嫌がる子、触ろうと手を伸ばしますが直前でさっと手をひっこめる子と反応は様々でした。でも、保育者がダンゴムシを指先でチョンと触ると丸まる様子には、ちょっとビックリしながらもみんな興味津々でした。その後、自分で色をつけた手作りお面をかぶって、ありやダンゴムシになって、マットを転がったり、這ったりして楽しく遊びました。これからも季節のいろいろな生き物に触れ、親しんでいきたいと思います。

6月の目標

*梅雨期の衛生面や感染症に気をつけながら、気持ちよく過ごせるようにする。
*梅雨期の自然や生き物に興味を持ちながら、様々な遊びを楽しむ。

すみれぐみ【お着替え頑張っています!】

 自分で頑張ろう!そういう気持ちがどんどん芽生えてきている元気いっぱいの子ども達。洋服の着脱もその一つです。服が半袖に変わり脱ぎ着しやすくなったこともあって、保育者が側について袖をひっぱって肘を抜くことを知らせると、反対側は自分で頑張ってしようとする姿が見られます。しかし、まだ上手くいかず戸惑うことも多いので、援助したり励ましたりして関わっています。出来たときはたくさん褒めてやると「自分でできた!」と、とても嬉しい表情を見せてくれます。小さな「できた」を意欲に繋げていきたいと思います。

6月の目標

*梅雨時期を健康・安全に配慮しながら、一人ひとりが快適に生活できるようにする。
*梅雨期の自然を見たり、触れたりして興味をもつ。

たんぽぽぐみ【むし探し】

 園庭で、よく虫探しをしている子ども達ですが、この日は、いつもと違い虫図鑑を下げ、虫眼鏡や虫かごを持って虫探しをし「探偵みたい!」と大喜びでした。いつも見ているありやダンゴムシも、虫眼鏡で観ると発見がたくさんありました。ダンゴムシには模様があること、「足の数はありは6本、ダンゴムシは、たくさんあるからわからない。でも、ありよりたくさんある。」等と言いながら夢中になって虫眼鏡をのぞいていました。図鑑は、まだ使いこなせませんが、保育者を真似て一緒のものを探してみようとする姿が可愛いかったです。これからもその時季にしか見られない自然や生き物に触れて興味を高めていきたいと思います。

6月の目標

*衛生的で安全な環境を作り、梅雨期を快適に過ごせるようにする。
*生活の仕方がわかり、身の回りの始末を自分でしようとする。
*梅雨期の自然を見たり、生き物に触れたりして興味・関心を持つ。

ゆりぐみ【初めての英会話】

 英会話の先生の元気な「good morning~!」から始まる英会話。恥ずかしくて戸惑う子もいましたが、歌や手遊びやダンスなど、常に体を楽しく動かす中で自然に笑顔になり、英語に触れてとても楽しそうな子ども達でした。英語の正しい発音や意味は分からないなりにも、先生の真似をして一生懸命発音していました。最近では英会話以外の時間でも、色を「RED」「YELLOW」と言ったり「B・I・N・G・O」の歌や「January、February…」の歌を口ずさんだり、ダンスをする姿も見られています。これからも楽しみながら英語に親しんでほしいと思います。

6月の目標

*梅雨期の健康・衛生面に気を配りながら、心地よい生活ができるようにする。
*生活の仕方がわかり、身支度や片付けなどを励ましや声掛けの中で自ら取り組む。
*梅雨期の身近な事前事象や生き物に興味・関心を持ち、観察したり触れたりそれらの面白さ、不思議さに気づいていく。

さくらぐみ【新幹線かっこいいな!】

 新幹線の試運転セレモニーに参加しました。「新幹線が見れるんだよ」と話を聞くと、目を輝かせて喜ぶ子ども達。オリジナルおむらんちゃん衣装や横断幕を作ると、さらに期待が膨らんでいました。当日は、人の多さに圧倒され、少し緊張の面持ちでしたが、駅のホームに入ると「どっちから来る?」「あれなに?」と興味津々。さらに新幹線が来ると興奮は最高潮で、ガラスにへばりつき大きさに驚いたり、「かっこいいー!」と車体に見とれる子、中には嬉しさにウルウルする子もいました。帰り道「お母さんにも見せたかったな。」「新幹線に乗って○○に行きたいな。」などと子ども達の夢は大きく広がっていました。

6月の目標

*梅雨期の過ごし方を知り、安全で衛生的な習慣を身につける。
*梅雨期の自然事象や動物に興味・関心を持って関わる。
*自分の考えや思いを出し合いながら遊び、友達や異年齢児との繋がりを広げる。

つぼみぐみ【ハイハイを楽しもう】

 4月は新しい環境の中、不安を感じている子ども達と積極的に触れ合いを持ちながら、保育者との信頼関係を築いていきました。寝ている月齢の低い子ども達も仰向けに寝かせるだけではなく、少しずつ腹這いの姿勢で遊ばせていくことで、いろいろな姿勢に慣れ、目で見える物も変わり世界観が広がっていきます。(座位からのつかまり立ちも同じです。)腹ばいで遊ぶことで、腕や胸の筋力をつけハイハイを始める準備へと繋がります。前にある玩具や人に近づこうと次第に腹ばいで前進します。「ハイハイ」は、移動できる喜びを味わえるだけでなく、手や足腰の育ちに大切です。最近では、平面だけでなくフワフワマットや段差・でこぼこした場所でもハイハイを挑戦している子ども達です。

5月の目標

*疲れがでやすい時期なので、個々の生活リズムを大切にし、機嫌よく過ごせるようにする。
*室内・戸外での探索活動を楽しんだり、保育者と触れ合い遊びをしたりして体を動かして遊ぶ。

ももぐみ【おうた、だ~いすき!】

 先月は新しい保育者やお友達と触れあい遊びを楽しみました。初めは、少し戸惑い気味だった子ども達ですが、ピアノの音が聞こえると泣き止み、知っている曲が流れると、身体を揺らしたり、保育者の真似をして拍手や手足を動かしたりして喜んでいます。『ちょうちょ』や『チューリップ』の歌に合わせて、手を横に広げひらひらさせたり、手で花をつくったり、また歌詞の一部を一緒に歌うことができる子もいて、歌の時間を一緒に楽しんでいます。歌は気持ちをリラックスさせ、人との触れ合いを持つことが出来ます。また、発語にもつながるので、今後も様々な歌を子ども達と一緒に楽しんでいきたいと思います。

5月の目標

*保育者に不安や甘えなどを受けとめてもらいながら生活リズムを整え、安心して過ごせるようにする。
*春の自然物に興味を持ち、見たり触れたりしながら遊びを楽しむ。

すみれぐみ【ちょうちょになったよ!】

 散歩で見つけたちょうちょを体や絵画で表現して楽しみました。体表現では、鈴を持った両手を横に広げて上下に大きく動かしたり、小さく動かしたりして保育者の真似をして羽を表現しました。両手を動かすたびに音が鳴り子ども達は大喜びでした。チュリープになった友達のまわりを回るときは、顔を見合わせてにっこりとする姿は微笑ましかったです。また、ゲーム感覚で音楽が止まるとフープにはいるという遊びを行うと、最初は保育者の声掛けが必要でしたが、少しずつ音楽を聞き自分で反応できる子もいました。今後も、身近ないろいろなものに興味をもち、様々な方法で表現することを楽しんでいきたいと思います。

5月の目標

*保育者の援助を受けたり、やり方を知らせてもらいながら、身の回りのことを自分でしようとする。
*春の自然を感じながら、保育者や友達と一緒に体をのびのびと動かして遊ぶ。

たんぽぽぐみ【たけのこ】

 【たけのこ】
たけのこの皮むきをみんなでしました。「これなーんだ?」と尋ねると、「ん?なんだ?」とほとんどの子が困った表情を見せました。「「たけのこだよ」と知らせても信じてもらえませんでした。匂いや実際に触れると「くさい」「チクチクする」と特徴に気づいたり、「いやだー」と触れたがらない子もいました。いざ皮をむき始めると、中々顔を出さないたけのこに「こんなに洋服を着てたら汗かいちゃうよね!」と可愛いつぶやきが聞かれ、最後の皮がむけた時には「すご~い!」とみんなで拍手喝采でした。そして、自分達が向いたタケノコがおにぎりに入っていて「たけのこ、最高!!」と大喜びでした。今後も、季節の旬の食べ物にたくさん触れていきながら、食への興味、食べ物の大切さにも繋げていきたいと思います。

5月の目標

*一人ひとりの欲求を十分に満たし、情緒の安定した生活ができるようにする。
*保育者に知らせてもらいながら、身の回りのことをやってみようとする。
*友達や保育者と好きな遊びを見つけて楽しむ。

ゆりぐみ【正しい姿勢で座れますか?】

 コロナ禍で、机上で対面になることを避けるために、床に座って一定方向をむいて活動することが増えました。椅子に座っている時も背筋を保持することが難しいのですが、床になると胡坐や足を投げ出したり、ひどいときは寝そべったりする子もいます。長い時間正しい姿勢で座り続けることは難しことですが、食事中、大切な話を聞くときなど、場所、時、状況に応じて正しい姿勢がとれるように声をかけています。そして、正しい姿勢で取り組んだ活動の後は、姿勢を崩したり、運動をしたりしてリラックスタイムです。正しい姿勢をとることは、身体のゆがみ予防の他にも、公共の乗り物、場所でのマナーにも繋がりますので日頃から注意していきましょう。

5月の目標

*自分でできることに喜びを感じ、身の回りのことをしようとする。
*春の自然に興味・関心を持ち、草花・虫などを観察したり触れたりして遊ぶことを楽しむ。
*戸外でのびのびと体を動かして気の合う友達や保育者と一緒に遊ぶ。

さくらぐみ【こいのぼりを作ったよ!】

 今年度のこいのぼりは、うろこを紙テープで三つ編みにして制作しました。「三つ編み」と聞くとすぐに「できる!簡単」と言う女の子達からの声。でも、紙テープでの三つ編みとなると、横に折ったり下に折ったり…となかなかうまくいかず、「もう無理~」という声も聞かれました。逆に、三つ編みをしたことがない男の子の方が、説明を聞くとスムーズに進めていくことができていました。「教えて~」と友達同士で教えあい、「すごいね!」と認め合ったり、励まし合ったり、最後には一人ひとりが自分でできるようになり、「またやりたい!」と楽しさを感じることができていました。一人では諦めてしまいそうなことでも、友達がいると頑張ろうとする力が湧いてきます。これからもお友達と一緒にいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

5月の目標

*生活の仕方がわかり、身の回りのことを積極艇にしようとする。
*戸外や散歩など、十分に体を動かして遊ぶことを楽しむ。
*身近な自然や生き物に触れることを喜び、興味・関心を持つ。