園児の広場

つぼみぐみ【おはなし・おはなし】

 ♪お話、お話パチパチパチパチ~♪と歌が始まるとお話の時間です。子ども達は絵本が大好きで、動くことが大好きな子も絵本の時間は静かに座ってお話に夢中です。月齢の高い子は絵本を指差し「わんわん」「パンマン(アンパンマン)」等の発語もみられています。特に動物の絵本の際は、ゾウの鼻を「パオ~ン」と腕を動かし表現するなど登場した動物の真似っこをするなど、普段見られない反応や様々な表情が見られます。読み聞かせには脳や心の成長・想像力刺を刺激し、子どもの心を豊かにすると言われています。その他にも「これ何かな?」などといった簡単な言葉かけで発語を促すことにもつながっていきます。また、人間の声は親が庫どもの精神状態を落ち着かせるための最も強力な道具であると言われています。ご家庭でも秋の夜長をお話の読み聞かせをして楽しまれてみて下さい。

10月の目標

*気温差に応じて衣服・寝具の調節をしながら健康に過ごす
*保育者と一緒に戸外遊びや散歩を通して秋の自然に触れて、探索活動を楽しむ。

ももぐみ【体を動かすの大好き!】

 子どもの成長は著しく、歩行が安定して長い距離を歩けるようになったり、走ったり、両足とびができたり…と一人ひとりの成長を嬉しく感じています。運動遊びと言えば、運動遊具を使った遊び・かけっこ・固定遊具遊びなどを一般的に考えがちですが、どこでもできる『這い』も、この時期の大切な運動遊びの一つです。もも組では、犬・熊・蛇など子どもが知っている動物を四つん這い・高這い・腹ばいと変化をつけて取り入れています。始めは保育士の真似をしていましたが、最近では、「犬さん」というだけで、四つん這いをして動き楽しんでいます。ハイハイは、成長してから良い姿勢を維持し、バランス感覚に優れた運動神経を育てるのに大切な基礎運動です。また、腹這いは、親指で地面を蹴って進むという行動が、脳の発達に良いと言われています。
今後も怪我に注意しながら積極的に運動遊びを取り入れていきます。

10月の目標

*気温や体調の変化に留意してもらいながら健康に過ごす中で、できることを自分でやってみようとする。
*戸外遊びや散歩に行き、秋の自然(食べ物・虫など)を見たり、触れたりすることを楽しむ。

すみれぐみ【ふしぎだね?!】

 トンボのめがねを作り、園庭を探索しました。少しずつ色の認識も出来るようになり「赤色めがね」「緑色に見える」など自分のめがねから見える色のついた景色を楽しんでいました。そんな中、めがねのフイルム部分に太陽の光がさしこみ、下の土が眼鏡の色になっているのを発見した子ども達。「え~っ、すごい!」や様々な色があることに気づき、「なんで?」「先生、なんで色がつくの?」と不思議そうな表情を浮かべていました。最近、好奇心旺盛でいろいろなことに対して「なんで?」「どうして?」とよく質問をしてきます。この時期の質問は、理論的な答えを求めているのではなく、大人が答えるという言葉のやりとりを楽しんでいます。前期の質問期にどうか関わるかが今後の知的探求心にも結び付きますので、「また~」と思われることもあるかもしれませんが、親子のコミュニケーションとして楽しく答えてあげて下さい。

10月の目標

*季節の変化や朝晩の気温差に留意し、健康的に過ごせるようにする。
*体を動かしたり、戸外に出かけたりして、どんぐりや落ち葉などに触れながら秋の自然に興味をもつ.

たんぽぽぐみ【体のつくりって、どうなっているのかな?】

 身体を使った様々な遊びや経験を通して「自分の体のつくりに」に興味を持ち始め、先日、絵具を使って全身の絵を描きました。「顔の下には何があるかな?」と尋ねると「首!」「首の下には?」の質問には「体!」と答えることができました。でも、いざ絵に表現するとなると、どこに首を描いていいのかわからない子、首は描かずに体を描いていしまったり、首から手がる子もいてまだ難しい子が多かったです。次に粘土で体のパーツを作って組み立てる遊びをすると分かりやすかったようで、「顔と首は繋がっているからここ。」「手は体の上(肩)からでているよね。」と言いながら楽しく全身を作っていくことができました。今後も、体を使ったいろいろな遊びを楽しみながら体のつながりや体の細かい部位の名称が言えるように関わっていきたいです。

10月の目標

*季節の変化に応じて、快適な生活ができるようにする。
*出来ることは自分で行い、生活や遊びの中で簡単なルールの大切さを知り守ろうとする。
*秋の自然を見たり、触れたり、戸外でのびのびと体を動かして遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【夏?? 秋??】

 涼しくなり、戸外ではトンボが飛び、それを追いかけまわっている子ども達。
季節が夏から秋へと移り変わっていることを説明し、もっとも身近な食べ物で「夏の食べ物は?」と尋ねるとトマト・オクラ・キュウリ等と次々出てきました。しかし、秋の食べ物は「ん~どんぐり?」となかなか出てこず栗やさつまいも・さんまなどがあることを知らせると食べたことあるとの声がたくさんあがりました。他にも秋には、葉っぱの色も変わることなども説明しましたが、まだ夏の草花や野菜がなっていたり、昼間は暑くて汗がでたりと、秋という季節がしっくりこないようです。季節は夏と秋が混じりあいながら少しずつ秋になっていくことを知らせ、これから本格的な秋を迎える今月、友達といろいろな秋を感じ、実際に体験を楽しんでいきたいです。

10月の目標

*気温の変化に応じて保健的で安全な環境をつくり、健康で快適に過ごせるようにする。
*ルールのある遊びやごっこ遊びを楽しむ中で、友達に思いを伝え、繋がりをひろげていく。
*身近な秋の自然に触れたり、収穫を楽しんだりしながら季節の変化や自然事象に興味・関心を持つ。

さくらぐみ【チャレンジ!】

 運動会ごっこを通して、達成感を感じ自信がついた子ども達。「やってみよう」「やってみたい」という声が良く聞かれます。今は運動遊びのなかでも、“跳び箱” “縄跳び”に夢中の子ども達。跳び箱は、手の力を使って体を前に押し出すことを練習し5段を跳べる子もいます。もう少しで跳べるという子も増えてきていますので、継続して行っていきます。また、縄跳びは普通に跳ぶだけではなく、あや跳び・交差跳びにも挑戦しています。1回とべると「もっと!もっと!」と練習をし「こうしたらいいよ」と子ども達同士で教えあう姿もみられています。その中で一人ができると「負けたくない!」という競争心から「私もできる!」と真剣な眼差しにかわります。子どもの自己肯定感を高めながら、今後も取り組んでいきたいと思います。

10月の目標

*気温の変化に応じた生活の仕方がわかり、快適に過ごせるようにする。
*収穫やクッキングを通して食への関心を高める。
*秋の自然に関心を持ち工夫しながらあそびを取り入れて楽しむ。

つぼみぐみ【モグモグ カミカミ】

 食事は、食べさせてもらう子もいれば、大きい子は自分でスプーンや手づかみで食べています。手づかみ食べは、食べ物を目で見て確かめて、手指で掴んで口まで運び入れるという距離感をつかむことができ、また、食器・スプーン・箸などの用具を使って食べるようになるための大切な過程です。最近は、少しずつ好き嫌いも出てきたようで口に入れても出してしまったり、皿の外に出してしまったりする子もいます。しかし、メニューによっては食べられることもありますので、いろいろ調理形態を変えながら食べられるようにしていきたいです。これから収穫の秋、食欲の秋となってきますので、様々な食材に慣れ、食べることへの興味に繋げていきたいです。

9月の目標

*気温の変化に留意しながら、一人ひとりの体調を整え、健康に過ごせるようにしていく。
*戸外に出て、体を動かし探索活動を楽しんでいく。

ももぐみ【セミさんはどこかな?】

 先月は、カブトムシ・クワガタ・セミなどの夏の虫にふれました。カブトムシは本物を見ることができ、興味深々に近づき優しく触れる子や手にのせると大喜びで笑顔で見せてくれる子、興味はあっても恐怖心があり近くに連れてくると顔を振って嫌がる子など様々な反応がみられました。小さい子にとっては、本物を見ることは大切なことで、実際に目で見て触れることで、物と名前と一致できるようになってきます。これから言葉を獲得していく子ども達にいろいろな物を見せて成長発達に繋げていければと思います。また、生き物に関しては小さいときから命の大切さを知らせていきたいと思います。

9月の目標

*気温の変化に留意しながら、生活リズムを整え、健康に過ごせるようにする。
*身近な人や異年齢児と関り、体を動かして遊びを楽しむ。

すみれぐみ【ペタペタ。プニュプニュ】

 先月は、ボディーペインティングやスライムつくりなど、いろいろな感触遊びを楽しみました。ボディーペインティングでは、初めは嫌がる子もいましたが保育者が一緒にしていくことで少しずつ慣れ、自分の身体につけたり、お友達とつけあったりしながら感触を楽しむことができました。スライムつくりでは、お手本を見るときから興味津々でした。好きな色を選びグルグル混ぜ完成すると「気持ちいい」「プニュプニュ」と感触を楽しんでいました。子ども達は実際に触れる・嗅ぐ・聞く・味わう・見るの五感を使い様々なことを吸収していきます。今後も五感を刺激しながら遊びを楽しみ好奇心を育てていきたいです。

9月の目標

*夏の疲れや室内外の気温差から体調の変化に留意し心身の疲れを癒す。
*友達と関わりながら、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

たんぽぽぐみ【手洗い忘れずに!】

 排泄後の手洗いを忘れがちな子ども達。保育者が「ばい菌ついているよ」と声をかけことで、気づいて手洗いを行っています。そんな中、自ら手を洗い「先生、わたしハンカチ持ってきたよ。」と言って嬉しそうに手を拭いている子がいました。Aちゃんが自ら手を洗ったのは、持ってきたハンカチを使いたかったということもありますが、その後もAちゃんは忘れずにハンカチを持ってきて手洗いと手拭きができています。手洗いの理由としては疑問もありますが、子どもはちょっとしたきっかけが良い方向に繋がることがあります。水が冷たくなると手洗いの習慣がつきにくいので、この時期に少しでも自ら手洗い・手拭きができるようにしていきたいと思います。

9月の目標

*夏から秋への季節の変化を知らせてもらいながら生活の仕方を知る。
*保育者に見守られながら自分の気持ちを伝え、簡単なルールのある遊びを保育者や友達と一緒に楽しむ。

ゆりぐみ【ことば】

 大人が驚くほどいろいろな言葉を知っている子ども達。しかし、言葉の中には「ばか」「きらい」など相手が嫌な思いをする言葉も聞かれます。子ども達にとっては楽しい、面白いという思いでつかっていることもあり、いわれた相手のことまで考えることはまだ難しいです。日々のなかで、その都度声かけをしながら自分がいわれたらどう思うかなど一緒に考えているところです。また、日常生活の中で「先生、お茶!」などと単語のみですませてしまうことがあります。保育者自身もその言葉だけで思いや要求をくみ取ってしまうことを反省し、どうしてほしいのか尋ねながら「お茶がなくなったので下さい。」と自分の思いを正しく伝えることができるように関わっていきたいです。

9月の目標

*夏の疲れや気温の変化による体調の崩れに留意し、健康に過ごせるようにする。
*自分の気持ちや考えを伝え、相手の気持ちを知りながらルールのある遊びや集団遊びを楽しむ。


さくらぐみ【力を合わせて】

 運動会に向け友達と力を合わせたり、競争したりすることを楽しむ子ども達。運動会の日も近づいてきていることで子ども達の気合の入れ方も最初の頃と比べると違います。かけっこでは、本気で走っている分、負けると悔し涙を流したり、歯を食いしばったりする姿。組体操では「もっとくっついて」「足を伸ばして」と子ども達の中から力を合わせようと声が聞こえることもあります。マーチングでは、友達の音を聞きながら音を合わせたり、旗の動きを合わせることの難しさを知り、まだ自信のない不安げな表情の子もいますが、友達と一緒に頑張っています。様々な経験や生活を通して協力すること、周りの人のことを考える力もつけていきたいです。

9月の目標

*適切な運動と休息の必要性を知り、健康・衛生に留意して生活する。
*友達と一緒に目標に向かって頑張り、達成感・満足感を味わう。
*身近な自然に関心を持ち、季節の変化に気づく。